水中ドローン

DPCAとの共同開催による講習

水中ドローン安全潜航操縦士講習会

水中ドローン講習開始決定!!
DPCAとの共同開催で水中ドローン潜航操縦講習会を開催決定いたしました。

日程:
2020年
6月30日 9:30〜17:30 定員に達しました
7月21日 9:30〜17:30 定員に達しました
8月25日 9:30〜17:30 定員に達しました
9月22日 9:30〜17:30 受講者募集中

定員:6名

会場:京都市南区東九条西岩本町10-2
京都駅から徒歩5分のDPCA本部にて講習を行います。

講習料:65,000円

(テキスト・機体使用料及び保険・施設使用料・検定試験受講費込み)

受講生2名につきインストラクターが1名がついて講習いたします。
講習は屋内プールを使用します。

水中ドローンの活用

水中においての撮影は今度かなりの可能性を秘めています。現在すでに活用が始まっており、主に海洋調査・船体及び船底調査・護岸工事・貯水槽の保守点検などの海などの水中での調査に活躍しております。
これからも河川や海洋・湖などの環境調査や防災など幅広い現場と状況にも活用の幅が広がっていくことが予想されます。

水中ドローンは水深100m以上潜航可能な機体や、高画質・高精細なカメラを搭載した機体など、高性能な機体があり、水中ドローンは日々進化しております。

受講からライセンス発行まで

講習に申込み

講習受講
(座学・筆記試験・実事実習)

発行申請

ライセンス取得

試験合格者には修了証を発行いたします。

試験合格者には日本水中ドローン協会のライセンス(技能認定証)が発行されます。
ライセンス発行料は別途10,000円(別税)が必要です。

講習の流れ

 9:45〜10:00 オリエンテーション
10:00〜12:30 座学
12:30〜13:30 昼食
13:30〜15:00 筆記試験、その他
15:00〜17:30 実技実習

座学はDPCAセミナールーム、実技実習はイリアス25m屋内プールにて実施します。

お申し込みはお問い合わせよりお願いいたします

PAGE TOP